山形の耐震リフォーム | 築年数で分かる耐震リフォームの必要性
A8アフィリエイトインプレッションタグ
リフォーム 山形
 ■サイトマップ


山形の耐震リフォーム | 築年数で分かる耐震リフォームの必要性

耐震リフォーム
山形 耐震 リフォーム

山形のリフォーム専門店 えにし工房です!

地震大国の日本においては、いつ大きな地震がきてもおかしくありません。
先の東日本大震災で緩んだ地盤により発生頻度も高くなりました。

この時期だからこそ、 山形の戸建住宅リフォーム に限らず、
RC造(鉄筋コンクリート造)やSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)のマンションにおいても、
耐震診断並びに地震に備えた耐震リフォームを検討されることをオススメします。

阪神淡路大震災では地震よる死者5500人の内、約9割の方が、
耐震強度の低い建物の倒壊や耐震対策のない家具の転倒での圧死でした。

倒壊した建物のほとんどが耐震強度の低い築年数の経った古い2階建木造戸建住宅。
これら耐震強度の低い建物の特徴は、

・1階部分に壁が少ない
・1階の耐震 力が低い上、2階の重量が重い(屋根材に瓦を使用)

などがあげられます。山形のお住まいに共通する特徴がある場合には、
まずは専門家による耐震診断を行い、耐震強度の状態の確認が必要です。

耐震強度の弱い木造住宅ではなく、
RC造やSRC造のマンションだからといって必ずしも安心できません。

実際に阪神淡路大震災では、
1階が駐車場となっていて壁が少ない造り(ピロティー形式)のマンションでは、
耐震強度が足りず、建物の傾斜、壁の亀裂や中間階層の破壊、玄関ドアが開かず避難できない、
さらに1階部分の柱が完全に破壊し1階部分が完全に潰れてしまった被害も発生しました。

このように構造に関わらず大きな被害にあった耐震能力の低い建物には
建築時期に共通点があります。

それは1971年以前の「旧耐震基準」で建てられた耐震能力の低い建物。

一方で1981年以降の「新耐震基準」で建てられた耐震能力の高い建物の
被害はわずかしかありませんでした。

山形のお住まいの建築年数が「旧耐震基準」の耐震対策の充分でない
建物の場合には、耐震補強リフォームが必要であると判断します。

まずは専門家に耐震診断をしてもらうことからはじめてください。


えにし工房は耐震リフォームを「安心価格」でご提案する山形のリフォーム専門店です。

山形にて安心して暮らせるための耐震リフォームをご検討中の皆さま、お問合せください!

ただいま無料見積り好評受付中です!

山形 耐震 リフォーム



▲Pagetop



山形を中心に住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっている山形のリフォーム専門店です。山形のリフォームはお任せ下さい。

山形県でのリフォームは、他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを安心低価格でご提案させていただきます。
各種住宅ローン、リフォームローン等お気軽にお問合せください。

© 山形 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.