山形のガレージハウスリフォーム | 車と過ごすガレージハウスライフ
A8アフィリエイトインプレッションタグ
リフォーム 山形
 ■サイトマップ


山形のガレージハウスリフォーム | 車と過ごすガレージハウスライフ

ガレージ
山形 ガレージハウス リフォーム

こんにちは、山形のリフォーム専門店 えにし工房です!

山形の戸建住宅リフォーム で、車が趣味という方々からのご要望で多いのが
「ガレージハウス」。

例えば
・ガレージハウスの中で愛車を一日中カスタマイズしていたい!
・室内のどこからでもガレージハウスに格納されている車が見える間取りにしたい!
・ショーケースのような照明計画の施されたガレージハウスにしたい!
などなど、ご要望は多岐にわたります。

そこで今回はガレージハウスへリフォームする際によくいただくご質問について
情報共有させていただきますので、ガレージハウスをご検討されている方は
是非参考にしてください(^^)

『ガレージハウス内の空調や排気計画はどのようにするか?』
ガレージハウスで一番ご質問いただくのが空調と排気計画に関するもの。
確かにガレージハウスの中でエンジンをつけたまま作業をする状況も
想定されますのでしっかり確認すべき内容です。

まずガレージハウス内を屋外として考えるか、室内として考えるかによりますが、
排気ガスの発生を前提とする屋外としての使い方を想定するならば、
ガレージハウス内は自然換気(換気設備を用いることなく、隙間から流入する空気と
排出される空気が常に動き、空気の入れ替えが出来ている状態)で
十分に空気の入れ替えができている空間としなければなりません。

一方、夏場の暑さ、冬場の寒さをしのぐため、一定の気密性や断熱性を求めるのであれば
機械式の強制換気設備の設置は必須となります。効率的にガレージハウス内を換気
できるように吸気口の位置、排気口の位置を計画しなければなりません。

一般的に車から発生した排気ガスや汚れた空気は温度が比較的高いことから
ガレージハウス内を上昇する傾向にありますので高い位置の排気口設置を
忘れないようにしなければなりません。

『ガレージハウスのシャッターはどのような素材がよいか?』
山形の住まいの立地条件によりますが、例えば海岸からの距離が近い場合には
塩害による腐食に配慮した素材選びがガレージハウスに求められます。

鉄製やアルミ製は極力避けるべきですし、車自体も塩害に影響を受けないように
ガレージハウスの出入口を風上側に向けないなどの配慮が必要です。

また、山形のように雪の多い地域では積雪量を考慮した
ガレージハウスが求められます。
ガレージハウスの構造や建物形状にもよりますが、
一定以上の積雪量を超えた場合を想定した構造設計が必要となります。

ガレージハウスのシャッターは一般的に強風に弱いという特徴があります。
ガレージハウス内に複数台駐車する場合は1台毎にシャッターを設けて
強度を確保すべきでしょう。
ガレージハウスのシャッターの見た目をスッキリさせるために幅広の1枚ものを
用いたくなりますが、ガレージハウスの立地条件(風向き、風量)を鑑みて
デザイン性と機能性のバランスを考慮するようにしてくださいね。

えにし工房はガレージハウスを「デザイン性」と「安心価格」のバランスを
重視してご提案する山形のリフォーム専門店。

山形にて車と過ごすガレージハウスをご検討中の皆さま、是非お問合せください!
ただいま無料見積り好評受付中です!


山形 ガレージハウス リフォーム



▲Pagetop



山形を中心に住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっている山形のリフォーム専門店です。山形のリフォームはお任せ下さい。

山形県でのリフォームは、他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを安心低価格でご提案させていただきます。
各種住宅ローン、リフォームローン等お気軽にお問合せください。

© 山形 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.