山形のトイレリフォーム | 小便器トイレ リフォームの注意点
A8アフィリエイトインプレッションタグ
リフォーム 山形
 ■サイトマップ


山形のトイレリフォーム | 小便器トイレ リフォームの注意点

トイレ リフォーム
山形 トイレ リフォーム


こんにちは、山形のリフォーム専門店 えにし工房です!

山形の戸建住宅リフォーム において、トイレ内に小便器を新設、あるいは
小便器トイレと大便器トイレを別々に設けるというトイレリフォームのご相談をいただきます。

・家族構成の変化
・山形の親との同居により多様な生活リズムとなった
・長年小便器のトイレを使用していたので慣れているのでリフォームで再現したい

など、小便器トイレを設けるリフォームを検討しはじめた理由は様々。

このようなご相談をいただいた場合、はじめて小便器トイレを利用する方はもちろんのこと、
現在の山形のお住まいですでに小便器トイレを使用している方へも小便器特有のトラブルを
防止する使用法について必ずご説明をしています。

結論から申し上げると小便器トイレに最も起こりやすいトラブルは、
小便器のトラップ部(オシッコが流れ込んで見えなくなる部分)や排水管の「詰まり」。
大便器のような固体を流さず液体しか流さない小便器トイレには
意外な詰まりの原因があるのです。

●小便器トイレの種類「ストール型」「壁掛け型」
小便器トイレは大きく分けて2種類あります。

「ストール型小便器」:
床から立ち上がった縦長形状の床置きタイプ。
オシッコを受ける部分が低い位置から設けられており、
利用する人の身長に関わらずに子どもでも利用できる形状の小便器トイレ。

「壁掛け型小便器」:
壁面の一定の高さに取り付けられるタイプ。
トイレの床がスッキリしていてお掃除がしやすい。
オシッコを受ける部分がストール型小便器と比べると小さく、
トイレを大人と子どもが兼用で使用する場合には向きません。

●小便器トイレの詰まりの原因
小便器トイレの詰まりの原因は、トイレ使用後の洗浄の不足により、
オシッコ成分が尿石(石化)へと変わることにあります。

洗浄水の量が足りなかったり定期的なお掃除を怠ったことにより尿石が
小便器のトラップ部や排水管などに固着し石化すると、洗浄水の水量を増やしたところで
除去することは非常に難しくなります。

●小便器トイレの詰まり予防
トイレの詰まりを予防するには十分な洗浄水を吐水することです。
当たり前のことなのですが、行き過ぎた節水意識が洗浄水の水量を調整してしまっている
ご家庭が多いのも事実なのです。

こうした小便器特有の使用上の注意点を理解し、
小便器トイレを常に清潔にしておくことが重要です。

最近では節水タイプの小便器の種類も豊富となり、
また究極の経済性と環境性を実現させた「無水小便器トイレ」も登場していますので
参考にしてください。

またトイレ空間の臭いに関しては、以前のブログ
山形のトイレリフォーム | 臭わないトイレリフォームは排気位置 』
で触れていますのでご一読いただきますと幸いです。

えにし工房はトイレリフォームを「機能性」と「安心価格」を
バランス良くご提案する山形のリフォーム専門店。

山形にてトイレリフォームをご検討中の皆さま、是非お問合せください!
ただいま無料見積り好評受付中!


山形 トイレ リフォーム



▲Pagetop



山形を中心に住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっている山形のリフォーム専門店です。山形のリフォームはお任せ下さい。

山形県でのリフォームは、他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを安心低価格でご提案させていただきます。
各種住宅ローン、リフォームローン等お気軽にお問合せください。

© 山形 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.