防音リフォーム | 山形の室内で楽器演奏できる防音リフォーム
A8アフィリエイトインプレッションタグ
リフォーム 山形
 ■サイトマップ


防音リフォーム | 山形の室内で楽器演奏できる防音リフォーム

山形 防音工事
山形 防音リフォーム

こんにちは、山形のリフォーム専門店 えにし工房です!

音というのは、同じ音であっても聞く人によって、
心地いい音だったり、不快に感じる音だったりと感じ方は様々。

したがって、一様にどの音が騒音だと決めつけることが出来ません。
自分が心地いいと思っている音でも、
他人からは騒音と感じられることもあるのが難しいところです…

そこで今回は、防音リフォームについてのお話。

山形の戸建住宅リフォーム での近隣防音対策だけでなく、
マンション隣戸への配慮として、特に近所付き合いのあり方の変化
とともに考えなければならない防音の問題。

防音の対象となる音は電車、車、工事現場などの外部騒音と、
室内で発生する楽器、電化製品、エアコンの運転音などに分けられます。

騒音がいざ発生すると音が聞き取りにくくなるマスキングという現象が起こります。
会話の妨げになったり、睡眠障害、激しいものになると難聴などの
生理的障害を引き起こしたりします。

こうした背景から山形でも防音リフォームに関心を持たれる方が
増えてきています。
防音リフォームは、ご自身の受信音だけでなく、
他人に与える発信音の対策にも繋がります。

山形で防音リフォームを行う際、
その防音方法としては遮音・吸音・消音・防振があり、
それらを総称で「防音」と言っています。

構造体でみた場合、コンクリートは空気振動で伝わる音をよく遮断し、
建材ではグラスウールやロックウールなどの多孔質のものは音のエネルギーを
上手く吸収してくれ防音に効果を発揮します。

また、防音には遮音と吸音の両方の対策が必要で、さらにそのバランスが大事。
音の性質をよく理解し、効果的な防音が出来るように考えていくことが
防音リフォームのポイントとなります。

吸音は、騒音や不快な音を吸音材や、吸音装置によって吸収したり小さくしたりすること。
吸音性のない部屋は音が反射して会話音が重なって上手く聞き取れなかったりします。

その一方で吸音性が高すぎてしまうと、離れた人には音が届きにくく大声で話さなければ
声が聞こえないといったことにもなりますので、そのバランスが大事です。

学校の教室や講堂、オフィスの会議室などでは適切な吸音工事を施すことで、
話しやすく効き取りやすい環境を整えることが出来ます。

山形の防音リフォームでも防音方法として多いのが「遮音」です。
日常生活において快適な住環境を形成するためには「遮音」はとても重要。

遮音性の低い部屋では、会話音の漏れ、車の騒音、オーディオや楽器の音などが
もれて穏やかな生活の妨げになってしまいます。

防音に用いる顕在にはいくつかの種類があり、山形の防音リフォームでも、
騒音の種類や特性に合った防音材を使うようにしています。

【遮音材】
安くて有効なのは石膏ボード。構造用合板と組み合わせて効果を高めます。

【吸音材】
安くて有効なのは、繊維系断熱材。グラスウールやロックウールなどです。
吸音材は「多孔質」「振動板系」「共鳴型系」の3種類に分類されます。

【制振材料】
制振材料は個体音に対するエネルギー吸収の目的で使われます。
素材はゴム系、プラスチック系、アスファルト系です。

また、防音は建物の構造自体からも効果を得ることが出来ます。

防音構造と呼ばれるものには、
遮蔽型防音構造、防振型防音構造、消音型防音構造、能動型防音構造などがあります。

近隣の音に悩まされることなく、快適な暮らしの為に、
山形でも防音リフォームをご検討ください。

ーーーーーーーー
えにし工房は防音工事を「デザイン性+安心価格」にこだわる
山形のリフォーム専門店。

趣味を活かせる防音リフォーム工事専門店をご検討中の皆さま、是非お問合せください!

ただいま無料見積好評受付中!


山形 防音リフォーム



▲Pagetop



山形を中心に住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっている山形のリフォーム専門店です。山形のリフォームはお任せ下さい。

山形県でのリフォームは、他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを安心低価格でご提案させていただきます。
各種住宅ローン、リフォームローン等お気軽にお問合せください。

© 山形 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.