山形のリフォーム優遇税制について
A8アフィリエイトインプレッションタグ
リフォーム 山形
 ■サイトマップ


山形のリフォーム優遇税制について

リフォーム優遇税制
山形 リフォーム優遇税制

こんにちは、山形のリフォーム専門店 えにし工房です!

山形でリフォームをご検討中の皆さん。
ご承知の通り、消費税増税が確定しました。
より一層、お金を有効に使うための学びを深めなければなりませんね。

そこで今回はリフォーム優遇税制についてお話したいと思います。

リフォームに関する税金の優遇制度には、
リフォーム工事にかかった費用を所得税から控除するもの(所得税の減税)と、
工事後の固定資産税を軽減するもの(固定資産税の軽減)などがあり、
他にもリフォーム時に親などから贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置というのもあります。

いずれも、控除割合や控除限度額が決められていますのでしっかり確認しておいてくださいね。

増税が確定してからというもの、リフォーム優遇税制について、
山形にお住まい方々からのお問い合わせやご相談をいただきますが、
税金の優遇制度はリフォームする側にとっても
とてもありがたい制度だとあらためて思う次第です。

少しでも自己負担を軽減できる制度であれば、どんどん利用して、
その恩恵を受けておきたいものです。

【所得税の優遇制度】
山形のリフォーム優遇税制の一つ「所得税」の控除。
リフォーム工事費用のための借入金の残高の一定割合が所得税から控除される「ローン型減税」と
リフォーム工事代金の一定割合が所得税から控除される「投資型減税」の2つがあります。

ローン型減税の対象になるのは、バリアフリーリフォーム、省エネリフォーム、
平成21年どの税制改正により一定規模以上のリフォームに対しても
大幅な優遇策の拡充が行われています。

一方、投資型減税の対象になるリフォームには、耐震リフォーム、
バリアフリーリフォーム、省エネリフォームがあります。

【固定資産税の軽減】
固定資産税の軽減措置の対象になるリフォーム。耐震リフォーム、
バリアフリーリフォーム、省エネリフォームが該当します。

山形のリフォーム優遇税制にはいろんなものが制度として設けてあります。
それぞれの制度には、すべてのリフォームが対象となるわけではなく、
対象となるリフォームや、要件が細かく決められていますので、
事前に確認しておくことを忘れないでください。

もう一点、
山形でリフォーム優遇税制についてのご相談で、
税の優遇や融資制度が重複して利用できますかというご相談がよくあります。
結論から申しますと可能です。
税の優遇や融資、助成制度など重複して利用ができます。

制度の中には重複して利用できないものもありますので、その点は注意が必要です。
対象となる制度が重複できるものか、そうでないのかの確認もしっかり行う事が大切です。

税の優遇制度だけでなく、
住宅エコポイント、長期優良住宅先導的モデル事業、高齢者等居住安定化推進事業、
既存住宅流通活性化事業など消費者にとって有利な制度が色々あります。

利用したい場合は、国土交通省や地方公共団体のホームページなどで確認し、
リフォーム業者ともよく相談して計画を進めていきましょう。

ーーーーーーーー
えにし工房は「デザイン性」と「安心価格」にこだわる山形のリフォーム専門店。

優遇税制を活用したお得なリフォームをご検討中の皆さま、是非お問合せください!

ただいま無料見積好評受付中!

山形 リフォーム優遇税制



▲Pagetop



山形を中心に住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっている山形のリフォーム専門店です。山形のリフォームはお任せ下さい。

山形県でのリフォームは、他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを安心低価格でご提案させていただきます。
各種住宅ローン、リフォームローン等お気軽にお問合せください。

© 山形 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.