11月, 2013 |
A8アフィリエイトインプレッションタグ
リフォーム 山形
 ■サイトマップ


2013年11月の投稿一覧

山形の増改築リフォーム | メリットとデメリットがある増改築

増改築リフォーム事例
山形 増改築リフォーム

こんにちは、山形のリフォーム専門店 えにし工房です!

山形のみなさん、現在の住まいの間取りには満足されていますか?
「狭い」
「使いにくい」
「動線が重なって人とぶつかる」
などの不満がある方も多いと思いますが、
そういった不満を解消するリフォームの一つが「増築」。

最近では多くの方がこの増改築リフォームに関心を持たれるようになりました。
ただし増改築リフォームは単純に上 1z0-051 物である建物本体だけを増築するのではなく、
それを支えられるようにしっかりとした基礎工事を行う必要があることも忘れてはなりません。

さらには既存部分の解体や接続工事、同時に補強・補修費などの付属する工事で
予想以上に増築費用総額がかかる場合もあります。

山形でも増改築リフォームでは動線の整理や、狭い部屋や収納を広くしたい
という目的で検討される方が多いのですが、注意したいのは
建築基準法上の制限である建物の建ぺい率(敷地面積に対する建物面積の割合)と
容積率(敷地面積に対する合計床面積の割合)。

さらには、防火地域や準防火地域以外では工事面積10㎡以下であれば建築確認申請は
必要ありませんが、それ以上の広さの増築工事になると建築確認申請の
必要がありますので確認しておいてください。

また、増改築リフォームの際は新築同様の規制がかかる場合があり、
市街地などでは火災時の類焼を防ぐために耐火に関して厳しく定めてありますので、
山形で増改築リフォームを検討される際は事前の確認を忘れないようにしてください。

さて、増改築リフォームの際、業者選びには多くの方が頭を悩まされると思います。
特に増築の場合は高度な専門知識と豊富な70-680 経験を持った業者に
依頼することが非常に重要です。

複雑な増改築リフォームの場合は建物全体のバランスや強度の保全などを確認して
進めていく必要があるので、実務知識と技術、豊富な経験を必要とします。
大切なマイホームの増改築リフォームです、
それを依頼する業者についてもしっかりと検討していくようにしてください。

残念なことに、山形の経験不足な業者による増改築リフォームによって、
「リフォームしたら、暗くて風通しの悪い部屋ができてしまった」
という声を時々耳にします。

これは、採光や通風に配慮せず、ただ単に部屋を増やしたことによる結果です。

増築費用や広さだけにとらわれず、各部屋の機能や使い勝手、
構造強度をきちんと満たしたものかというところまできちんと考えて
リフォームを進めてくれる業者を選びたいものですね。

ーーーーーーーー
えにし工房は「デザイン性」と「安心価格」にこだわる山形のリフォーム専門店。

増改築リフォームをご検討中の皆さま、是非お問合せください!
ただいま無料見積好評受付中!
山形 増改築リフォーム



▲Pagetop



山形を中心に住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっている山形のリフォーム専門店です。山形のリフォームはお任せ下さい。

山形県でのリフォームは、他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを安心低価格でご提案させていただきます。
各種住宅ローン、リフォームローン等お気軽にお問合せください。

© 山形 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.